【Fortnite】二段階認証のメリット、デメリットを詳しく解説

最終更新日

フォートナイトのエモート「ブギウギ」

二段階認証

Fortniteの二段階認証は、どちらかというとメリットもデメリットも半々なのですが、できるのであればすることをお勧めします。

この記事では、二段階認証のメリット、デメリットを詳しく解説していきます。

二段階認証のメリット

二段階認証を有効にすることでもらえるエモート「ブギウギ」

・アカウントの不正利用を防ぐ。被害を少しでも抑えることができる

・ブギウギがもらえる

・ほとんどの大会に参加できる

はい。これだけです。(世界を救え ではもう少しありますが省略させていただきます)

ですが、実際、有効の場合もこの二段階認証は様々な抜け道があります。

少し見てみましょう。

よくある言葉「まず二段階認証を解除してください」

よくプレゼント企画やアイテムの購入で、

「アイテムをあなたのアカウントに入れるのでメールアドレス、パスワード、そして二段階認証を有効にしている場合は解除してください。」

というような言葉がよくあります。

実際アイテム購入はギフトでは送信することができないので従うほかないのですが、実際このように指示されて行ってしまい、アカウントが乱用されそうになったとしても通常サービス側ではいわゆる「アカウント泥棒」をブロックすることができます。

ブロックする機能、そして対策は次のようなものです。

  • アカウントのログイン通知
  • 見覚えのないデバイスのログイン解除

ですが、この機能はEpic Gamesには備わっていません。

そして、このような対策をすることでもアカウント情報を聞き出すことを防ぐことができます。(アカウント情報を教えることなく交換ができる)

  • 自分の所持アイテムを直接ギフトとして送信可能にする

この機能を有効にすることで、アイテムの購入者は「ギフトで送ってください」とアカウント情報を盗まれずに済みます。

さらに、「このアイテムはギフトでは送れません」などという投稿があれば購入を取りやめるなどのある程度の対策は可能になるのです。

※補足しておきますが、Fortniteはしっかり注意喚起をしています。

無料のV-Bucksやビジュアルアイテムの提供、またはアカウントの共有や売買を謳うウェブサイトによる盗難や詐欺を多数確認しています。Epicアカウントの詳細は絶対に誰とも共有しないでください。ログイン認証の情報を入力することで特別なフォートナイトのオファーを提供する主張するのは詐欺団体です。アカウントの盗難の恐れがあります。また、Epicからパスワードを要求されることは絶対にないことにご留意ください。 

Fortntie公式サイト より

その為、上記の対策はいわゆる「最終手段」的なものです。

ですが、Epicは対策をしていません。というより、「二段階認証」を有効にすればアカウントを保護できるということを謳っていますが、それは大きな間違いです。

少しメリット内でも説明しましたが、より詳しく「デメリット」を見てみましょう。

デメリット

デメリットをまとめるとこのようになります。

  • 安心感を与えて危機感を下げてしまう
  • メールアドレスでの認証では安全性が低い

簡単にまとめるとこの二つですよね。

一つにまとめるとこうなります。

  • あまりアカウント保護の意味なし(特にメールでの認証の場合)

完全には防げないんです。

「言葉」としては意味のある二段階認証ですが、「機能」としてはあまり意味を持ちません。

ですが、例えば他サービスからあなたのパスワードが盗まれたとして、総当たりによる攻撃を防ぐことは可能になります。

ですが、先ほどのように、二段階認証を解除し、メールアドレス、パスワードを教えてしまっている状態では全く意味を持たないことは分かるはずです。

メールアドレスでの認証は「弱い」

Epicでの二段階認証は、メールに届くコードを入力するものですが、Gmailなどのインターネットで操作可能なものの場合、メールアカウントを盗んでしまえば二段階認証の意味というのは消えてしまいます。

それだけでなく、メールの場合ほぼどんな場所でもアクセスできる為、安全性は低くなります。

ではどのような認証にすれば安全性が保たれるのか、それはアプリ等にあるGoogleやMicrosoftの認証システムやSMSでのコード送信などで対応できます。このような認証システムの場合アカウントを盗まれても認証コードが届くことはなくなります。

特に認証アプリの場合、端末のみにデータが保存されるため安全です。

※二段階認証はメールアドレスでの認証と上記の認証アプリでの認証が切り替えられます。特に理由がなければ認証アプリを利用しましょう。

利用者は何をすればいいのか

ここまでEpicの認証はあまり意味がないと言ってきましたが、Epicの推奨している通り、二段階認証なしより確実に被害は減りますし、やはりゲームの「信用性」を保つ為にも必須と言える機能です。

ですが、本来の「詐欺防止」という機能を最大限に生かすには利用者も注意する必要があります。

「二段階認証されているから大丈夫」

ではなく、何を言われても二段階認証を解除しないなど、やはりサービスを利用している時点で自分のアカウント、情報を守るのは、利用者です。

絶対に詐欺には合わないようにすること、合ったとしても自分で後に対処できる状態にしておくことが大切です。

よく記事で「二段階認証でアカウントを保護しよう」というものがありますが、二段階認証は詐欺、不正ログインなどを最低限抑えるためのもので完全に抑えることは不可能です。

なので、アカウントは自分で保護することを大前提とし、二段階認証( メール以外をお勧め )を有効にしてみてはいかがでしょうか。

二段階認証はこちらから有効にできます

公式サイト:2段階認証を有効化してアカウントを保護しよう! – Epic Games