あつ森の”現実的”な要素をまとめてみました!

あつまれどうぶつの森のイメージ画像

新型コロナウイルス感染が拡大していく中での「STAY HOME」の中、自宅でできる「ゲーム」が注目を集めています。

今回の記事では、今話題の、Nintendo「あつまれ!どうぶつの森」に関してです。

 

あつまれ!どうぶつの森。略してあつ森は、現実的な要素があることでも有名です。

この記事ではそんなあつ森の現実的で、面白い要素をまとめてみました。

目次

なぜ「現実的」な要素が多いのか

現実的な要素が多い理由は、簡単に言えば「実際の生活のように楽しめる」というように考えられます。

お金を使って、ローンを組んで、釣りをして、虫を捕まえて、自由な世界をコツコツ作っていけるところがいいですよね。

1.お金で購入、お金を稼ぐ。

通常のほとんどのゲームにあるような基本。それは、「お金」です。でも、あつ森のお金は一味違った使い道ですね。

  • お金で服、家具等を購入
  • 魚や虫、服、家具等、どんなものでも「売って」稼ぐ
  • 家の購入で「ローン」を組む

これを見ると実際の生活のように感じてしまいます。これが、あつ森の楽しさの一つですね。

2.魚を釣る、虫を捕まえる、化石を発掘。

あつ森の楽しさといえば、基本となるのが「魚釣り」「虫を捕まえる」です。そして、時々「化石を発掘」することができますよね。

そして、虫といっても多種多用で、季節や時間帯でも出現するものが変化します。そして、魚も同じように様々な種類、サイズがいますね。

化石を発掘してフータに見せて、寄贈すると博物館に飾られるようになります。博物館をコンプリートさせるのもいい楽しみだとおもいます。

3.木を切り倒す、果物を植える。

あつ森では、オノを使っていらない木を切り倒すことができ、果物はスコップで掘って植えることができます。

木の位置を自由に変えることも、果実の木ばかりにするのもできそうですね。

4.DIYができる!

なぜ4番目なのかと聞かれたら気分だと答えますが、あつ森は材料を使って別の物を作る、DIYをすることができます!(というよりDIYしなければいけません)

DIYでは生活に必要な道具(オノ、釣り竿等)を作るだけでなく、家具や小物等、多種多様なものを作ることができます。

材料が集まればいつでも何個でも作ることができるのでとても便利といえます。

5.動物たちとの仲

あつ森で重要な事の一つに、動物とのコミュニケーションがあります。なんとゲームといっても動物たちも感情があるようで、あまりいい島、仲でないと引っ越しの相談をされるかも…

動物たちとは慎重に、そして楽しく過ごしましょう。

6.種類豊富な家具、小物

あつ森は様々なジャンルの家具があります。家具の種類は200+あり、小物は150+、壁掛けは100+、壁紙は150+、床は100+程と、見ただけで大量にあります。

なので、自分の雰囲気に合った家具をそろえることも楽しいですよね!

Nintendo Switchが存在するのも面白いですよね。

最後に

言い続けてしまうとキリがないので今回はこの辺で終わりにさせていただきます。

 

皆さんもあつ森、色んな楽しみ方をしてみてください(。・∀・)ノ゙